2022.05.06TOPICS

【Crevis Online Store】今月の1冊~This month’s pick~今森光彦写真集『オーレリアンの庭―生きものと暮らす里山のアトリエから―』

クレヴィス刊行の“イマ”読んでほしい本を月に1冊紹介する《今月の1冊~This month’s pick~》。 様々なジャンルのヴィジュアル本の中からその月にお勧めしたい1冊を皆様にご紹介!Crevis Online Storeでは紹介書籍を紹介月限定で送料無料でお買い求めいただける特典がございますのでこの機会に是非ご検討ください。

今月の1冊~This month’s pick~

暖かさが増してきた今月は、庭いじりをするのも楽しい季節。
そんな季節に是非読んでいただきたい今森光彦写真集『オーレリアンの庭―生きものと暮らす里山のアトリエから―』をご紹介します。

里山を愛する写真家が贈る、生命(いのち)の庭の物語。
オーレリアンとは蝶を愛する人たちのこと。
長い歳月をかけて作り上げた「オーレリアンの庭」は、
生きものが集まる奇跡の庭だった。

田んぼ、雑木林、溜め池、小川、鎮守の森、棚田…人の暮らしと自然が重なり合う環境、里山。
そこには、人と自然が共生する為の幾多の暮らしの知恵が残され、生きものの多様性に満ちた美しい風景があります。

写真家、ペーパーカットアーティストの今森光彦さんは、豊かな里山環境の中にアトリエを構え、30年以上の歳月をかけて生き物が集まる庭を作り続けています。本書では、美しく移ろいゆく里山の四季の中、生きものと共生する庭を通じ、身近な自然を暮らしに活かす喜びや、里山の魅力を繊細かつ迫力ある写真作品と切り絵作品で伝えます。

暖かくなってきたこの季節、庭の小さな生命たちとたわむれるのはいかがでしょうか。
本書が“人と自然との関わり”を考える一助になれば幸いです。

<写真集詳細>
今森光彦写真集『オーレリアンの庭―生きものと暮らす里山のアトリエから―』 
サイズ・B5変型(縦257mm×横186mm)
ページ数・160ページ オールカラー  写真点数:144点
ISBN・978-4-909532-17-6
Crevis Online Store販売ページ