写真家の田沼武能さんがこのたび、令和元年度「文化勲章」を写真家として初めて受章されることが決定しました!

様々なニュースで取り上げていただいております。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102900543&g=pol


また、クレヴィスから文化勲章受章記念出版として新しい写真集も発売されます。

田沼武能写真集「未来へ架ける 世界の子ども」※12月5日(木)発売予定
http://www.crevis.jp/publishing/publishing_140.html

そのほか、田沼さんの書籍も取り扱っておりますので
この機会に是非、ご覧になってください。

『東京わが残像 1948-1964』
http://www.crevis.jp/publishing/publishing_096.html

『時代を刻んだ貌』
http://www.crevis.jp/publishing/publishing_043.html

『昭和のこども』
http://www.crevis.jp/publishing/publishing_047.html

『昭和』写真家が捉えた時代の一瞬
http://www.crevis.jp/publishing/publishing_032.html

『日本の自画像』
http://www.crevis.jp/publishing/publishing_024.html

『昭和の記憶』写真家が捉えた東京
http://www.crevis.jp/publishing/publishing_023.html


●田沼武能プロフィール
田沼 武能 たぬま たけよし

田沼武能は浅草の写真館の家に生まれる。写真学校を卒業後、木村伊兵衛に出会い、師事する。新潮社の嘱託として「芸術新潮」「新潮」の写真を担当、芸術家や小説家のポートレイトを撮影する。その間、高度経済成長以前の東京や下町の子どもたちに重点的に取り組み、経済的に苦しい状況の中で必死に生きる人々の喜びと明るさを撮影してきた。
1965年にアメリカのタイム・ライフ社の契約写真家となる。その後、取材地域を海外に広げ、ライフワークとして世界120カ国以上で子どもたちを撮り続けている。1995年から2015年まで日本写真家協会会長。2003年には文化功労章に顕彰される。