「ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ。」

世界を舞台に活躍する動物写真家・岩合光昭。地球上のあらゆる地域をフィールドに大自然と野生動物を撮り続ける一方、私たちの身近に暮らすイヌやネコの撮影も継続し、多くの人々を魅了しています。

岩合の取材対象の中でも、とりわけ多くの時間を割いて撮影を継続しているのがネコとライオンです。

私たち人間の生活に溶け込むように暮らすネコ。一方で百獣の王と呼ばれ、人間と遠い野生の世界に生きるライオン。彼らは同じネコ科でありながら、大きさも、生活も異なります。それでも、やはりどこか似ているのです。

写真展「ネコライオン」では、岩合光昭が捉えた人間と共生するネコ、野生に生きるライオンを約180点の作品で展観いたします。彼らの共通点や差異を感じることで、私たち人間がどこかに忘れてきてしまった“野生”を浮き彫りにしていきます。

似ているようで似ていない。そして、似ていないようで似ている。
「ネコライオン」の摩訶不思議な世界を、是非ご体感ください。

会期:2013年8月10日(土)~10月20日(日) 【62日間】
会場:東京都写真美術館地下一階展示室 ほか巡回予定
作品点数:約180点を予定
観覧料:一般800(640)円/学生700(560)円/中高生・65歳以上600(480)円
( )内は20名以上の団体および東京都写真美術館友の会会員、東京都写真美術館の映画観賞券、
三越カード、アトレビューSuicaカードご提示の割引料金
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料 ※第3水曜日は65歳以上無料
開催時間:10:00~18:00(木・金は20:00まで、ただし8月10日~9月29日までの木・金は
21:00まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合翌日休館)

主催:クレヴィス
共催:東京都写真美術館
協賛:オリンパス株式会社
協力:株式会社堀内カラー、株式会社フレームマン

■展覧会関連イベント
8月10日(土)、17日(土)に岩合光昭氏によるアーティストトークを行います。9月、10月にも開催予定です。
※詳細につきましては、決定次第東京都写真美術館ホームページでお知らせいたします。http://syabi.com/contents/exhibition/index-1935.html